IP_STUDIOはデジタルサイネージの殆どの表示端末に対応
デジタルサイネージのソリューションパートナー アイティ・ニュース

top

topへ

広告媒体(参考)
銀座4丁目というブランド:HOTVision
国内最大級の病院内メディア
JR飯田橋、大型駅前コミュニティビジョン

モデル
キャンペーンガール、イベントモデル派遣
無料設置モデル
デジタルサイネージの無償設置ビジネスモデル

ソリューションパートナー
イベント、販促モデル派遣(外人モデル)
デジタルサイネージが広告メディアの主役へ踊りでるか!
ニュース配信標準搭載のIP_Newsサービスの紹介

1.設備費0円、運用費0円、コンテンツ費0円
2.自在な画面レイアウトとスケジューリング
3.ASPサービスを利用して簡単に開始できます

.
4..病院向け無料デジタルサイネージ
.
5.大規模配信にも対応した「IP_STUDIO」
.
6.自治体向け無料デジタルサイネージ
.
7.デジタルサイネージと携帯の連携
.
8.パートナーシップでビジネスモデル
9.ニュース配信(ASP利用料無料)(A
10.デジタルサイネージがメディアに
11.企業向け無料デジタルサイネージ
12.屋外でも可能な高輝度ディスプレー

topへ
topへ
topへ
topへ
topへ
topへ
topへ

屋外でも使える高輝度ディスプレーシステムで情報配信

お問い合わせ先 担当:デジタルサイネージ担当

TEL 03-6277-0172

映像・広告・インターネット関連用語の解説(GROSSARY
デジタルサイネージ関連の基礎的な用語を簡単に説明しています。映像、インターネット、広告、看板、ビジネスモデル、マーケティング関連を中心に解説しています。デジタルサイネージビジネスをこれから始める方にとってはぜひ知っててほしいと思われる必須用語が載っております。デジタルサイネージの市場規模は2015年1兆円を超えると予測されています。成否のキーワードはクロスメディアマーケティングといわれいます。
   デジタルサイネージ関連用語解説集(PDF)

表示装置、情報機器などインターネットに繋がっている全ての機器との携帯連携のご提案をしています。お問い合わせ下さい。

デジタルサイネージに広告ビジネスや携帯ビジネスを連携させて、よりコミュニケーションレベルを上げたプロモーション(販売促進)やマーケティングといった利用にも活用できるシステムが構築できます。ASPサービスのためにシステム構築の設備投資、運用費用、サポート要員といった投資が軽減でき早期のシステム稼動を可能にしています。(デジタルサイネージASP「VisualStage」+「携帯deコマーシャル」
 携帯電話を利用して緊急災害情報システムへの応用(双方向表示システム、汎用マルチメディア情報配信システムなど)も可能です。携帯メールを利用してテキストを表示するあるいは撮影の写真を表示するなどが、容易に構築できます。既存システムへの追加などにも対応できます。平時は「情報表示+コマーシャル」、有事は緊急情報表示システムとして使うことで、サービス向上に寄与します。デジタルサイネージが広告メディアという面以外に地域のコミュニケーションメディアとしても役に立ちます。デジタルサイネージとカラーコードによるユビキタスサービスの実験もはじまっています。

デジタルサイネージは双方向(携帯連携)でさらにそのポテンシャルをアップ

映像配信ASP+ケイタイASPでプロモーションやマーケティングレベルをアップ
 共通のコンテンツはアイティ・ニュースまたは(パートナー配信センター)から、個別のコンテンツ更新は各店舗などからというのが現実的です。いままでの多くのデジタルサイネージ事業のいきずまりは、配信担当者が片手まで行っていたことです。当然、専任でないために、広告コンテンツの表現や組み合わせ、番組構成など広範囲な知識やノウハウが最初から整っていません。いきおい平凡なCM(TV用に作成されたCMをそのまま流用)を表示しているだけという、ターゲッティングメディアとしてのデジタルサイネージを活かしきれない使いかたをしてしまっています。それでは、オーディエンス(視聴者)を惹きつけることはできません。クライアント(広告主)にも説得力に欠けます。そのロケーション(場所・環境)であってこそのコンテンツを流すことが重要です。尺(表示時間)も必ずしも15秒、30秒にとらわれなくても、ロケーションによっては5秒でも十分です。あるいは3分のほうが効果的というのも当然あります。(ポイントは環境です。媒体はそのロケーションに合ったものであることが重要です。また、動画でなければいけないということもありません。インパクトのある静止画でも十分効果があります。実証実験などのご要望がありましたら、お気軽にお問い合わせください。実験用の低価格レンタル機器もあります。)

デジタルサイネージの良さは柔軟性。例えばCMの15秒に囚われない時間で効果的な訴求と個別配信

デジタルサイネージの普及により本格的な大規模配信のニーズが高かまっています。大規模配信を実現するためには、.当然安定した配信システムであることは勿論のことですが、数百台以上でも番組(編成)の用意さが要求されますが、「IP_STUDIO U」は個別配信機能(容易なディスプレー毎配信)によりオペレーションの簡易化を実現しています。さらにに大規模デジタルサイネージ配信で要求されるのが監視の容易性です。「IP_STUDIO U」は数百台規模でも数十秒で全ての設置表示機の稼動情報を取得でき、運用監視作業の軽減を実現しています。
 アイティ・ニュースはデジタルサイネージで10年以上の配信事業のノウハウ、8年以上の配信サービス実績・実例と様々な要望をもとに3年間の期間をかけて「IP_STUDIO U」を開発(配信ソフトウェアは全て自社開発、純国産です。)、運用面からの様々なノウハウの蓄積が反映されています。台数の増大による設備投資についてもシステム面からも練れられています。いうまでもなく広告配信ビジネス事業では投資と広告収益のバランスが重要なポイントになります。(1台の金額が高すぎては、メディアとして数が増やせません。一方表示品質を落としては広告メディアにはなりません。
 デジタルサイネージは小型電子POPから大型ビジョンまで、多様なニーズと個別配信(ディスプレー毎)の要望が高まってきています。大規模配信では従来は効率性が優先で、個別配信は二の次でしたが、流通・小売などで、店舗別のコンテンツの配信の要望は特に高いということが分かってきました。
このような背景とニーズを踏まえデジタルサイネージ用システム(ソフトウェア、コンテンツ、表現など)はどうあるべきかを実際の配信サービスを長年おこなってきたアイティ・ニュースが、そのノウハウを惜しみなく投入しソフトウェアを開発し、昨年から外販致しました。ソフトウェアのオペレーションに配信サービスの実務の勘所が織り込まれるよう組み立てています。オペレーションをマスターすることで、配信実務がスムーズに遂行できます。
 

センター配信と現場の情報更新をスムーズにする仕組みを提供しています。(アップローダーはパッケージです。)

デジタルサイネージはビジネスモデルの構築が肝要です。収益モデルが描けた時点で拡張

デジタルサイネージのシステム構築をご予算によってご提案致します。情報配信モデルか広告配信モデルかによってビジネスモデルは大きく違います。また規模や業種によっても大きく違います。アイティ・ニュースではいろんなデジタルサイネージシステム構築のモデルによって最適なソリューションをご提案致します。また既設のハ-ドウェアや稼動中のソフトウェアにアドオン(追加)するなどのご要望も承っております。既設の大型ビジョンに低予算で機能を追加できます。
 デジタルサイネージのビジネスモデルは情報配信モデルと広告配信モデルあるいはその組み合わせで検証モデルで先行し、実績を作ってメディアとしての台数を確保していくというオーソドックスな手法が一般的です。デジタルサイネージのビジネスモデル構築の提案、ソフトウェアのOEM(貴社ブランド)提供につきましてもお問い合わせ下さい。デジタルサイネージで10年の経験がありますので、いろんなご提案をワンストップでさせて頂きます。情報表示システムはいろんな分野で応用され展開されています。耐環境性対応のコストパフォーマンスに優れたSTBも提供中。

デジタルサイネージ用IP_STUDIOを利用したシステム構築がソリューションの選択肢のひとつとして注目されております。電子掲示板システムやコンテンツ配信システムをデジタルサイネージソフトウェアを利用して構築するといった、考え方です。パッケージ型のデジタルサイネージに囚われることなくシステム構築を可能にしています。デジタルサイネージシステム構築と同時に進めなければならないのがビジネスモデルであることはいうまでもありません。アイティ・ニュースでは、ビジネスモデルもご提案致します。デジタルサイネージ関連ソフトウェア開発、IP_STUDIOのOEMも承ります

いままでにないビジネスモデルとして、自販機の売り上げ見合いで設備投資0円で設置できるシステムがあります。ビル、マンション、店舗あるいはホテルなどでお知らせやイベントあるいは地域情報の発信ができます。地震速報なども配信されますので、活用次第では非常に有効です。


デジタルサイネージのシステム構築を予算に併せて提案

※「インテリジェントポスター:IntelligentPoster」「インフォステージ:InfoStage」「ビジュアルステージ:VisualStage
 「サウンドステージ:SoundStage」「デジタルルネッサンス:Digital@Renaissance」 はアイティ・ニュース社の登録商標です


           

    

ロケーション(設置場所・設置環境)にあわせた多彩な表示システムでコミュニケーションネットワークを構築

デジタルサイネージ用ソフトウェア「IP_STUDIO」は画面を自在にレイアウトできることが特長
デジタルサイネージソリューションはパートナーシップで加速
個別の表示装置(ディスプレー毎)にスケジュール予約とコンテンツを配信できます
ASPサービスを活用して短期間に構築、ご利用できます。
デジタルサイネージビジネスの成否はパートナーシップ アイティ・ニュースの蓄積されたノウハウとエキスパートパートナーでソリューション
メディアのトレンド(潮流)-インターネットからデジタルサイネージへ

多様なメディアのなかでもデジタルサイネージは古くて新しい歴史をもっています。古くは街頭TVもそう呼ぶようです。そしてバブル時の大型ビジョン全盛期を経て、プラズマ・液晶の大型化と配信技術の進歩による大規模統合映像配信時代を迎えて、デジタルサイネージは進化してきましたデジタルのよさを活かした双方向アプリケーションによってさらにメディアのポテンシャルを高め続けます。
 複数のメディアをミックスさせたクロスメディアとしてまた、生活導線上のユビキタスメディアへの発展性という点で注目を集めています。小型の電子POPから屋外の大型ビジョンまでのデジタルサイネージといろんなメディアを組み合わせて多彩な情報配信でマーケティング効果を高めるトライアルが始まっています。また、大型ビジョンもよりインテリジェントになってきています。IP_STUDIOの利用により多彩な表示機能が追加できます。(銀座三愛ホットビジョン)。既存のデジタルサイネージ(大型ビジョン系など)を組み合わせた広告営業支援も行っております。
 アイティ・ニュースでは.デジタルサイネージのノウハウとソフトウェア開発技術(マルチメディア情報配信システム、コンテンツ配信システムなど)で様々な情報を伝えるというご要望にお応えいたします。

ここ近年メディアの勢力図が大きく変わってきた、インターネットがその口火を切った

デジタルサイネージの簡易形として常時ニューステロップの配信と画像を表示するを新ザービス「IP_News(ニュース配信が主のソフトウェア)」が開始。従来金額的にもシステム的にも大きくなりがちなデジタルサイネージですが「IP_News」はインターネット環境さえあれば、手軽にデジタルサイネージをスタートできます。ニュースと画像という分かりやすい構成です。画像はアイティ・ニュースでもお客様でも更新できます。更新用ソフトウェア「IP_Newsアップローダー」を用意しています。フリーペーパーとの組み合わせたクロスメディアモデル(液晶付きスタンドモデル)にも搭載しています。デジタルサイネージというと広告メディアというイメージが強いのですが、本サービスはデジタルサイネージというよりは、ニュース配信プラス情報配信というご利用方法でパブリックな場所でもお使いいただけます。

デジタルサイネージの応用範囲を格段に広げる高輝度ディスプレーシステムが登場しました。すでに韓国では、いろいろな応用が進んでいます。屋外設置で要求される輝度、防水・防塵などの国際規格(および国内のJIS規格、IP-55)をクリアした製品が低価格で提供可能になりました。屋外用に産業用クーラーを装備したモデル、屋内に設置して窓際で利用できるディスプレースタンドモデルなどをラインナップしました。STB標準装備済。(すぐにご利用できるオールインワンシステム)
屋外設置や窓際設置を可能にしたことで多様なビジネスビジネスモデルやシステム構築が可能になります。

※デジタルサイネージ全般に関連した用語集

屋外用デジタルサイネージ
USBメモリーで差し換えれだけの簡単デジタルサイネージ
実証実験で着実にシステムをという要望にお答えしたエントリーモデル(19インチ液晶+STBのオールインワモデル)...NEW

急な展示会やイベントにもハンドキャリーできます。業界初の簡単・お手軽パッケージです。価格的にも低価格なので実証実験にも手軽に対応できます。煩わしいケーブル接続もありません (発売記念価格 79,800円
 

手軽なSTB(メモリープレーヤー)で簡易デジタルサイネージ、実証実験に重宝するスタンドアロンプレーヤー 発売記念特別価39,800円
   ネットワークでもスタンドアロンでも使えるオールインワン高輝度対応デジタルサイネージ(PDF)
 
  

最も簡単便利な更新方式アップローダー
低価格ASP型デジタルサイネージ新登場
統一した操作性、マンマシンインタフェースで定評のIP_STUDIO

デジタルサイネージのメディアとしてマスメディアとの大きな違いは、個別(ディスプレー毎)に情報を配信できることです。また、必要に応じて適時情報をリアルタイムに更新できることです。(スケジュールによらない緊急差込)したがって全国規模の配信をおこなった場合でも例えば地域ごと、系列店ごとなどそれぞれの属性あわせてスケジュールやコンテンツの変更がダイナミックできます。
 マスメディアでは実現しにくかったユーザーあるいはクライアントからの素早いレスポンスを可能にしています。メディアとしてはインターネットのホームページにちかい更新の柔軟性もあります。この機能を実現しているのが「IP_STUDIO U(統合映像配信ソフトウェア)」です。
 特定の地域や特定の店舗への配信を配信センターからだけではなく、店舗側の担当者からも簡単に差し替え(更新)できるソフトウェアを開発しているのも「IP_STUDIO U」の特長です。現場からでも配信センター、配信業者に頼らずにいつでもコンテンツを変えることができます。更新できるファイルは静止画、テキストは勿論、動画も可能です。デジタルサイネージシステム構築で重要な要素に一つにSTB選定がありませす。STBメーカーとのタイアップによる耐環境に優れたハイコストパフォーマンス製品も販売しています

コストパフォーマンスに優れたSTB
デジタルサイネージのコミュニケーションデザイン 見やすさ分りやすさも研究

広告業界ではOOH(アウトオブホームメディア)というような呼び方をされている屋外設置のメディアですが、最近では大型ビジョンの設置はひと段落して、店舗内、ビル内などへの大規模配信のシステム構築がすすんできています。デジタルサイネージ用コンテンツ配信ソフトウェア「IP_STUDIO(統合映像配信ソフトウェア)」は表示機器を選ばないため、多種・多様な機器との接続の対応を可能としています。また、ネットワーク環境も無線lANなどで設置場所についても自由度が高く、柔軟な映像配信システムを構築できます。デジタルサイネージ元年以降急激に市場に広まってきています。
  デジタルサイネージの実際の表示メディアは液晶、プラズマディスプレー、プロジェクター、LEDが主要な表示装置です。殆どがいわゆる量産効果で低価格化へすすんでいます。また、大規模配信時代を迎えSTB(ディスプレー制御用端末)の高性能化、高信頼性化も課題となっています。一方コンテンツをいかに効果的に見てもらうかという点でスタンドケースのデザインも研究されています。
 デジタルサイネージのコンテンツを「埋もれさせず」、「映えさせる」、「引き立たせる」とするようスタンドケース開発もコミュニケーションデザインという視点で環境に合わせて作り込みます。また安全性と品質においては高い評価を頂いております。JR東日本、JR東海、羽田空港、札幌JR東口、東京ドーム、横浜地下街、横浜駅(相鉄)などパブリックな(公的)ロケーションにおいても多様なデジタルサイネージ用スタンドの実績が多数あります。
 ロケーション毎に環境に合わせた個別のデザイン設計、製造も致しております。横浜駅では券売機横への組み込みなどの実績もあります。プロモーション・イベント用としての利用では日本橋三越本店、パシフィコ横浜、羽田空港駅などがあります。情報配信用としては品川区役所等にも実績があります。
マルチディスプレーのOEM実績もあります。

デジタルサイネージの本来の良さは双方向

topへ
topへ
topへ
topへ
topへ

【デジタルサイネージとは】

駅、空港、ホテル、病院、ショッピングモール、テーマパーク、アミューズメント施設など、多くの人が集まる場所で、映像や画像、文字、音声などのマルチメディアコンテンツを使って情報提供を行なう統合映像配信の仕組みやサービスの総称です。最近では多くのビルや流通への応用などパブリックなところだけではなく、いろんなところでの活用が広がっています。情報の一方的な提供からデジタルサイネージと携帯電話の連携による双方向情報伝達メディアとて大きく発展が期待されています。(デジタルサイネージとマーケティングに関してより詳しくはこちらをご参照下さい。

※最近話題の「クラウド・コンピューティング」はインターネットの「向こう側(雲:クラウド)」にサーバ・システム一式を配置し、これをサービスとして利用するコンピューティングの形態です。これにより、従来の情報配信システムでは不可欠だったサーバ・システムの構築が不要になります。当然メンテナンスも不要となり、素早く安価に情報配信システムが構築できる手法です。一般的に台数が増えるとデータベースを利用したシステムコストはたとえSaaS型やクラウド型でも高額につきます。IP_Webは弊社の10年以上のノウハウ(独自開発のソフトウェアとシステム全体のご提案をしてきました。JRを始め多数実績有り)をもとに独自に開発した情報配信・表示・監視システムで圧倒的なコストパフォーマンスを実現しております。

100台以上の中・大規模以上の情報
配信ネットワークでは回線設備・運用費用が高額になります。ぜひ当社にご相談下さい。設置工事、ネットワーク機器、回線費用、耐環境性STB,プロバーダーなどワンストップソリューションでご相談・ご提案承ります。

WIN-WINモデル(参加者皆にとって利益に繋がることをめざした)、無料設置モデルも展開中。

お客様毎に細やかなソリューションを提供いたしております。情報配信型、広告配信型のどちらにも対応しています。

ロケーションーオーナー様にとってもメリットのあるごデジタルサイネージビジネスモデルのご提案を致します。

本格的先進の大規模映像配信ソフトウェア「IP_STUDIO U」
高輝度ディスプレーがデジタルサイネージの利用範囲を拡大
重ね合わせ自在:デザイン例(これがプロフェッショナルにも選択される理由)
テロップ(流れる文字)も簡単:デザイン例(これが実用的といわれる理由)

お問合せ先
   デジタルサイネージ資料請求

サーバー不要の簡易デジタルサイネージご紹介

10年のデジタルサイネージ配信サービスのノウハウを惜しみなく投入して開発

topへ

欧米ではデジタルサイネージ(電子看板、デジタルポスター,電子ポスター,デジタル掲示板、電子掲示板など,)といわれているデジタル映像配信システムが新たなメディアとして着目されています。
  マスメディアでは難しいターゲットと時間を絞り、TVコマーシャルなどではできにくかった広告を実現するツールとして、また既存のメディアやアプリケーションと併用することで、映像メディアとマーケティングを直接結び付けれるコミュニケーションツールとして注目されています。場所(ロケーション)と時間、そして携帯電話による実際のアクセスといった、よりマーケットに近いメディアということで、マスメディアではできなかったピンポイントマーケティングを実現します。また、生活者と生産者(販売者)とをより近づけ、最も身近で情報を得ることができるということからユビキタス映像媒体として身近なメディアとなってきています。
  生活動線といわれる生活のなかで通勤や通学あるいは買い物など人の通る線上のメディアという概念もTVなどのマスメディアにはできなかったアプローチとして着目されています。ゆっくり見れる場合は動画、せわしく通り過ぎる場合は静止画中心というコンテンツの見せ方の研究もすすんできています。
 この新しいメディアはクロスメディアマーケティングのツールとして今後大きく発展していくもとと期待されています。2015年には1兆円産業に育つと市場調査会社が予測しています。

先進のデジタルサイネージソフトウェア

自社構築は費用、時間がかかります。クラウドサーバーやASP活用自社のコアビジネスに事業を集中できます

多彩な表現力といっても、コンテンツそのもの制作は専門家が行う場合が殆どです。デジタルサイネージ用統合映像配信ソフトウェアIP_STUDIOの自在な画面設計とは、そのコンテンツ素材を画面内に自在にレイアウトできることです。静止画動画の組み合わせ、静止画、テロップ(流れる文字)の組合せなど、従来放送局でおこなっていたようなことが容易にできます。
放送局のように、時刻に合わせていろいろなコンテンツの表示を自由に設定することが容易にできます。この自由度の高さからCATV向けシステムとしても利用されています。L字放送と呼ばれる放送を簡単に実現しています。TV放送、ニューステロップ、,動画・静止画の組み合わせで高速道路のサービスエリアでも利用されています。画面構成の自由度と言う面では、従来、レイアウトやタイミングやトランジェント(画面遷移)などは全て映像制作側の担当でした。IP_STUDIOは自在な画面設計ができるため、配信運営側でも専門的な知識がなくても簡単に設計できます。デジタルサイネージ用配信ソフトウェアは使いやすいことも、選択の要件です。動画、静止画、テロップの混在でのレイアウトが簡単にできます。

「IP_STUDIO」は電子POPから大型ビジョンまで、先進の充実した機能で統一したサービスレベルを実現。(配信ソフトの基本である、画面デザイン、編成、スケジューリングの3機能のバランスと使いやすさは定評があります。

IP_STUDIO(配信ソフトウェア)で実現した先進の個別配信(ディスプレー毎)機能。割り込み配信機能。

デジタルサイネージで広告ビジネスモデルを展開する場合の成否はいかに多くの広告集稿ができるかどうかにかかっています。大規模になれば広告メディアとして収益も大きくなると計算されますが、当然システム構築費用も大きくなり単純な従来の原価積み上げでは必ずしも収益性のとれないビジネスモデルとなる場合があります。媒体数と広告費があるところで比例関係が崩れて、従来の規模による計算が成り立たないといった落とし穴があります。従っていかにコストを下げて回転させるか、いかにリスクの分散をしていくかが大きな課題です。広告メディアとしての特性を見極める必要があります。ROI(投資効果)を十分計算して組み立てなければなりません。デジタルサイネージ市場はは2015年1兆円市場(シードプランニング予想)といわれて浮き足立ってはいけません。
 アイティ・ニュースはデジタルサイネージの草分け的存在として、またいろんな専門分野のパートナーとこの新しいメディアのシステム構築・ビジネスモデルのご提案を致します。Win−Win(共存共栄、共同収益)パートナーシップによるビジネスモデルを構築します。
広告モデルですすめる場合と情報モデルではビジネスモデルの組み立てが全く違います。広告モデルの場合は成否はクライアントをいかに集めれるか。情報配信モデルの場合はいかに役立つシステム構築ができるか。どちらも運用も含めてできるだけ安価にというのが現状の景気の中で望まれていることです。自販機の売り上げ見合いで、設備投資0円、運用費0円のビジネスモデルも有ります。

デジタルサイネージはいままで、多額な投資と専門的な知識、運用ノウハウが必要でした。また運用やコンテンツの制作・更新などいろいろな面で限られた企業でなければできないことでした。さらに、大規模配信では配信センターの設計・構築あるいは保守といった点で手が出しにくい分野であったと思われます。しかし技術の劇的な進歩により、クラウドやASPによる映像配信システム構築は設備投資と運用コストの面での投資額が大幅に低減され多額な初期投資とリスク回避が可能となりました。
デジタルサイネージ事業が特別のものでなくなりました。
デジタルサイネージ用自社媒体を短期間に構築することが可能になりマスメディアではできなかった新たな情報配信システムとしてユーザーとのコミュニケーション環境を短期間で構築できます。アイティ・ニュースではデジタルサイネージビジネスを展開するためのシステム構築、ビジネスコンサルティングを承っております。(サービス名称:デジタルサイネージ映像配信ASP VisualStage) デジタルサイネージ事業をこれから始める会社、あるいは既に事業を行っている会社にとってもコストメリットのあるご提案を致します。ASP運用といえども台数が多くなった場合は作業量が飛躍的に増えます、担当者の負担が大きくなります。アイティ・ニュースではアウトソーシング(完全運用受託)も承ります。設置、調整、運用までデジタルサイネージのワンストップサービを提供致します。■低価格デジタルサイネージASP新発売NEW)
CMS(コンテンツマネジメントシステム)【Contents Management System】やアップローダー(簡易更新ソフトウェア)利用して、デジタルサイネージがさらに楽に運用できるようになりました。ASPソフトウェアは簡単という謳い文句で、導入してみたが意外と現場の運用は大変という声にお応えしました。デジタルサイネージASP資料(PDF)

デジタルサイネージの普及版はサーバーレスの簡易形が広がってきております。当然ネットワークされてない点は、リアルタイム性や遠隔監視などができません。しかし、それが必要なく、誰かがある程度見てくれるとうような環境では、スタンドアロン型はその要望に十分こたえます。IP_STUDIOスタンドアロンモデルは、IP_STUDIOの自在な画面設計と容易なスケジューリングをそのままに、スケジュールとコンテンツを表示装置側のパソコンやSTBへUSBメモリー経由で運ぶというものです。予算的にもリーズナブルになっております。発売記念キャンペーン実施中

近年の代表的なメディアの変遷 デジタルサイネージ元年(2007)

デジタルサイネージが今後のメディアとして大きく飛躍するると認知され始めています。

長い間、今までの4大マスメディアの勢力図は変わらないと考えられていましたが、まずインターネットが変えてしまいました。さらに次の大きなトレンドはデジタルサイネージが主役へと期待されています。
家を一歩でるとそこには多くのメディア(メディアになる可能性のある潜在素材)があります。デジタルサイネージを含めたクロスメディアとクロスメディアマーケティングいう概念でそれらをメディア化(ネットワーク化)することで、伝統的なメディアとは違った、情報配信、広告配信メディアとして発展していく大きな可能性を秘めています。現在はまず看板やポスターがデジタル化(メディア化)されていく過渡期であると考えられます。既存の電子看板、電子掲示板もより高機能になり、文字だけから映像表示機能、ネットワーク化がすすんでいくと思われます。

伝統的な4大メディア(トラディショナルメディア)への広告出稿がデジタルサイネージ、WEB、携帯へ大きくシフトし始めています。2005年はインターネット広告費がラジオ広告費を抜き、2007年には雑誌広告費を上回りました。まさに主役が入れ替わるといった予想もしなかった、変化が起こりました。さらに、日本でも2008年に入りTVコマーシャルもナショナルクライアントのCMが減りはじめ遊戯系などが目立つようになっています。新聞はもとよりいろんな紙メディア離れが起こり、まさかと思われる有名誌の廃刊が相次ぐなどクライアントのサイバーメディア系へのシフトは顕著になってきており印刷・出版業界は危機を募らせています。
 米国大手スーパーは数千台〜数万台規模のデジタルサイネージ設置をすすめています。また、大手メーカーなどTVCMからデジタルサイネージなどのサイバー系メディアへ移行していくことを受けての投資と考えられます。2007年8月のサブプライム・ショックから始まった未曾有の金融不安による企業の広告投資の変化が結果的にメディアの淘汰を加速させるかたちとなっています。
 また個々のメディアが競うのではなく、融合してクロスメディアマーケティングという形が、広告メディア投資に対して最も効果的であり、相乗効果が狙えるとして、いろいろな提案が進んできています。デジタルサイネージも単独よりも特徴のあるメディアと組み合わせてこそその効果が十二分に発揮できるものと考えられています。

サーバーレスで簡単デジタルサイネージを実現スタンドアロンモデル

USBメモリーでコンテンツを入れ替える簡易デジタルサイネージモデル

複雑、煩雑化するスケジュールを効率よく行えるデジタルサイネージソリューション

○タイムリーな情報配信を実現

Index

ロケーションに合せたコミュニケーションデザインケース

 
自販機の売り上げ見合いでデジタルサイネージが無償に
設備費0円、運用費0円、コンテンツ費0円の病院向けデジタルサイネージ
ASP料金無料、表示ソフトウェア無料キャンペーン
表示ソフトウェア無料、ASP料金無料のダブル無料キャンペーン実施中。ニュース、天気予報、世界遺産をパッケージ。デジタルサイネージ初のスペシャルキャンペーン。デジタルサイネージのメディアとしての役割を高めます。 
低価格簡易デジタルサイネージIP_Web
ご利用環境に合わせてデジタルサイネージのシステム構築を短期間にリーズナブルなご予算で実現します。カスタムとソリューションのご提案承ります。情報配信システムの構築ツールとして、配信ソフトウェアをご利用できます。
●フォトフレームの手軽さでデジタルサイネージを導入できないかというご要望にお応えした、シンプルで低価格なデジタルサイネージのソフトウェアと新サービスです。手軽な情報配信システムとして活用できます。
デジタルサイネージのビジネスモデル構築はマッシュアップへ

■情報配信と広告配信を共存させた新世代メディア「DigitalSignage(デジタルサイネージ)用ソフトIP_STUDIO

ASPコンテンツランキング携帯連携クロスメディアマーケティング | コラボレーション特別警報緊急地震速報スポット天気鉄道運行情報世界遺産アーカイブ

コンテンツ キャンペーン

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得