デジタルサイネージ‐コンテンツ

 キラーコンテンツは必須
デジタルサイネージの配信用ソフトウェア
  配信・運用・監視ソフト
世界遺産コンテンツ

 コンテンツ(世界遺産)


緊急地震速報配信サービス
 
緊急地震速報ソフト


デジタルサイネージ-実績・実例

 
納入・運用例など
ワンストップサ-ビス
 困ったにお応えします


デジタルサイネージと携帯の双方向を実現
 携帯・システムホンとの連携













クロスメディアマーケティング参考事例

クロスメディアマーケティ
ングについて簡単に解説

銀座三愛、大型ビジョン、デジタルサイネージの広告紹介
 広告ビジネスの例
設備投資0円、運用費0円のビジネスモデル
 WIn-Winビジネスモデル例

激安回線-SIMショックが始まる
SIMは通信費の価格破壊?

既存アプリケーションとデジタルサイネージの融合
 アドオンで情報配信システムを
 スマートに開発する新手法

 カスタム例:日建リース工業様


 

スマートコミュニケーション マルチデバイス利用のデジタルサイネージ
スピード!タイムリーに!時間を
争う現場のためのソリューション


デジタルサイネージの記録
デジタルサイネージはここ
からちいさな挑戦が始まった

 



IP_STUDIO
IP_web
スマホ連携
スマホファースト
タッチパネル
ソリューション
カスタム対応
オリンピック
メディアとなる日
デジタルサイネージ戦国
スマホ連携特許
デジタルサイネージ-WEB
番号表示-ハイブリッド
アイティ・ニュース

会社概要
















参考

参考クラウドサービス
参考オンライストレージサービス

各社からいろんなサービスが提供されています。IP_STUDIOは日本初のマルチクラウドサーバー連携対応を実現しています。以下ご参考まで

Google Drive(Google One)
提供会社 Google

①複数の端末間で自分のファイルを簡単に共有できる
②Windowsでは同期を意識することなくファイルの操作ができる
③スマートフォン/タブレットでも専用アプリでファイル操作が可能
④Webブラウザで文書ファイルなどを作成・編集できる
⑤スマートフォン/タブレットでもGoogleドキュメント/スプレッドシートなどの編集が可能
⑥スキャンした書類をOCRでテキスト化できるなどの特徴




Dropbox

提供会社 Dropbox Inc.

Dropbox Business は、全世界で5億人で利用されているDropboxの企業版/ビジネス版です。

①容量無制限のファイルサーバー機能
②外部との大容量ファイル転送機能③Windows/MacPC/スマートフォン/タブレットで利用可能
④シャドウIT防止
⑤データの遠隔削除 が可能 
などの特徴



OneDrive

提供会社 マイクロソフト株式会社

①さまざまな端末間でファイルを共有できる
②Windows環境とは自動でオンラインストレージと同期できる
③スマートフォンではファイルの操作/閲覧/編集ができる
④Webブラウザから閲覧・編集ができる
⑤ファイルを特定の人と共有したり、一般公開したりできる
⑥Officeから直接OneDrive上のファイルにアクセスできる
などの特徴




































デジタルサイネージのこと
なら何でもご相談ください。


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

















 

 

 

 

 

 

 

 

 

 























 







 






 

 

 

 

 













 

 

 

 

 

ワークフロー、ビジネスコラボレーションを変革する時代へ

  ■コミュニケーションツールとして働き方改革を支援

 情報共有(コミュニケーション)= 生産性アップ 支援 

一人ひとりの働き方をアップ、生産性を上げるというのは、限界があります。しかし、情報共有によって、スピードアップ、正確な情報伝達をおこなうことで大きな効果が期待できます。

身近なオンラインストレージとデジタルサイネージが融合することでビジネスコラボレーションを変革します。

IP_STUDIO Cloudは日本初のユーザードリブン(利用者優先)という発想のデジタルサイネージソフトウェアです。



IP_STUDIO Cloudは日本初のユーザードリブン(利用者優先)という発想のデジタルサイネージソフトウェアです。

 日本初のオンラインストレージを活用したデジタルサイネージ新発売!

 



最先端IT技術を最速で活用できます。オンラインストレージの活用は企業にとっても個人にとっても情報化時代の必須アイテムです。


目に見えない力、それが情報共有です。生産性を圧倒的にアップする、本来日本人の最も得意とする技です。IP_STUDIOはITの力で実現します。


企業内のドキュメントは知財でもあり生産性向上のツール

  ■働き方改革で見直されるドキュメントと情報共有...ツールの進化


ビジネスソフトウェアの代名詞とも言えるマイクロソフトのワード、エクセル、パワーポイントは発売された年と同じ名前のOffice 95(1995年11月23日に発売。)はすでにWord 6.0, Excel 5.0, PowerPoint 4.0というバージョンに進んでいた。
実に23年前である。その間、企業の共通のツールとして長い期間主流であった。(今も主流ではあるが)…エクセルに限っていえば、1989年である。日本の企業のドキュメントは罫線が必須であるため、USAの開発担当者は驚いたとのことではあったが。ビジネスではデファクトスタンダードとなり。多くの企業で使われ続けている。そしてワードはその2年後の1991年発売。パワーポイントまずMac版が1987年Window版は1990年リリースである。ワードもパワーポイントも圧倒的な支持?を得て、オフィスのドキュメントの多くはこの3つで作られたといって言い過ぎではないくらいである。企業の知財はこの3つの神の器で蓄積されている。

一方、PDFという便利なファルフォーマットがでてきたおかげで、ワード、エクセル、PPTでの互換性の問題がなくなった。(当初は無償ではなかったが、Version2.0からは無償となり、急激に広まった。)

時代はインターネットそしてクラウドになり、会社で作成したワードの途中まで文章を家で完成させたいなどの要望には応えれなかった。その空きを埋めたのがgoogleSuite (旧Google Apps for Work)だった。また、単純なファイルストレージはドロップボックス社があっという間に世界の5億人ユーザーへと広まった。マルチデバスの恩恵とその圧倒的なスピードはまさに驚愕だった。

ある調査会社によるとエクセルはまだ、マイクロソフトが強いものの、ワード、パワーポイントではGoogleSuite(スイート)が利用率で抜いている。(利用年代にもよる)。
Office365になってから、PC、Mac、タブレット、スマホでのマルチデバイス利用ができるようになったが、約2年間の遅れは多きい。とはいえ、業務利用ではまだ利用率が高い。ドロップボックスにしてもGoogleSuiteにしても無料というパッケージ(サービス)なので利用者が増えて行くというのは想像に難くない。GoogleSuiteはワードもパワーポイントもエクセルも買わなくてよく。PCでもタブレットでもスマホでも閲覧も書き換えもできてしまう。最近の働き方改革で言われる情報共有も簡単にできてしまう。(複数人での利用はルールがいるし、セキュリティ面への配慮も必要ではあるが)さらに、事業継続性(BCP)という面でもリスク分散が簡単にできてしまうので、コストパフォマンスにも優れているというのは言うまでもありません。

 

デジタルサイネージは柔軟なビジネスモデル構築が必要な時代に

  ■再構築が始まるデジタルサイネージ 

 デジタルサイネージの新設・増設が震災で一時止まっていたましたが、アベノミクスの景気回復への期待で再び動き始めてきました。
 デジタルサイネージは長きに亘る景気低迷から、いろいろなビジネスモデルを組み立てた多くの実績・実例が出始めた矢先の、リーマンショックそして震災といった大きなブレーキがありましたが、これからまた、再構築の時期にきているものと思います。   

  ■成功事例のトレンチャネル

 デジタルサイネージの成功例としてJRの電車内のトレインチャネルが話題になります。これからデジタルサイネージのビジネス・システム構築のスタートという場合にこちらは参考にはなりますが、あまりにも大きすぎます。というのは、JRの山の手線はいわゆる交通広告といわれる中でも、群を抜いています、なにしろ今まで投資した金額も桁が違います。日本国の最高の場所です。ブランディングとして見た場合、最高の立地というのも無論で、山手線の環状化が完成したのが1925年(大正14年)です。90年弱の年月とともにブランド形成がなされてきた上に成り立っているので、山の手線そのものがブランドとして強力過ぎます。デジタルサイネージをいきなり、売れっ子媒体にするには、それなりのパワーがいります。

  ■コミュニケーションスタイルの変化

 山の手線あるいは銀座の4丁目、渋谷交差点などといった先行事例もあるなかで、これからのデジタルサイネージ構築はどのような差別化をしていくかということが重要です。
 ここ10年でコミュニケーション・通信は大きく変わりました。言うまでもなく携帯・スマートフォンの普及です。ハードウェアもさることながら、SNSなどと言われるソーシャルネットワーク化が急激に進ました。この進展は、情報の伝わり方、伝え方(コミュニケーションスタイル)を大きく変えてきています。
 
ペーパーからデジタルへパーソナルからソーシャルへ情報は必要とするところへ瞬く間に広がるようになり、情報機器、通信機器間のシームレスなネットワークによりコミュニケーションのスタイルが変化が止まりません。スマホがコミュニケーションのハブ(連携の中心)となるといわれるようになってきました。

  ■媒体(メディア)としてのこれからのデジタルサイネージ 

 TV・新聞などの媒体が長い間メディアの中心でしたが、デジタル(PC、携帯)へのシフトが大きな流れであることは言うまでもありません。携帯・スマホであらゆる情報が手に入るようになりました。しかし、システム的には十分ではありません。ではデジタルサイネージはどうかというと実装面では大きく遅れています。先の震災では、デジタルサイネージでできることが問われました。震災情報を配信(情報伝達:平時,災害発生時、災害発生後のそれぞれのタイミングで)できないのかというものです。

都心では、帰宅難民(困難者)への情報発信につかえないのかというのもありました。(3.11都心の帰宅困 難者は2万5千人)これらのことから、デジタルサイネージで具備したい機能あるいは場所によっては必須となると思われる機能を搭載したデジタルサイネージ(情報配信機能を搭載のメディア)がこれからは増えていき、紙のポスターではできない本来の知的な機能が必須になってくるものと思われます。


コミュニケーション情報をデジタルサイネージへ活用する時代へ

  ■コミュニケーションツールとしてのデジタルサイネージへ
 コミュニケーション情報がSNS(ソーシャルメディア)によって、インターネット上を飛び交う時代になりました。メディアはコンテンツを発信していればいい時代からコミュニケーション情報をも公開するといった、情報の価値や意味づけが大きく変わってきています。「小さなつぶやき」とか「口コミ」などといわれる、一般の人々のコミュニケーション情報が大きな影響力を与えるようになってきています。デジタルサイネージへの応用もこれから始まっていきます。TVなどと違う点は、無料であることと見るものを自由には選択できないといったことです。したがってその特質を見極めて、広告媒体としての価値も見直されていくものと思われます。

   デジタルサイネージが生活動線上や商品の近くにあってはリセンシーメディアとしてその商品を語ってくれる、あるいは今度はその場でユーザーが「口コミ」情報として発信してくれる、といったTVやPCにはない特性でマーケティング情報にも生かせるようになります。(メディアデータから行動データへ

設備投資金額0円、運用費0円のWin-Winビジネスモデル

 ■自販機の飲料売上ですべての設備投資を賄います

 地震速報などの災害情報をデジタルサイネージを使って防災・減災に利用できないかという要望があります。しかし、デジタルサイネージは設備投資が高い、運用費が高い、さらにコンテンツ費も高く、簡単には導入できないということが一般的です。
ここで紹介するのは、全ての費用は自販機の飲料売り上げ見合いで賄うため、防災・減災に役立つデジタルサイネージ設置に係る諸費用が大幅に削減できるものです。
設備投資はなんとかできても、運用コストの捻出や確保が大変という今までの常識を覆すビジネスモデルです。日本の自販機は言うまでもなく設置台数、種類・機能も世界一です。3.11以来省エネルギーや社会貢献に取り組んでいる自販機とデジタルサイネージを組み合わせた採算性・収益性の優れたビジネスモデルです。
自販機メーカーの努力により様々な種類の開発をして売上が年を通じて確保できるようになってきている背景もあります。この安定した売上げを原資として、デジタルサイネージと地震速報を無償で提供するものです。 実際の契約はアイティ・ニュース社とダイドードリンコと事業者との協業というかたちになります。


SIMショックによる通信料金の価格破壊ともいえる通信革命が始まる

 低価格な回線利用料を実現したSIMカードがMVNO各社から発表されています。接続用のモジュールを利用するものあるいは、STBに接続スロットが内蔵されている野心的なSTBも発表されました。モジュール内蔵対応はSTB本体にSIMカードを挿すだけで通信機能を備えたデジタルサイネージ用STBになります。いままで、通信コストが高く、ランニング費用の面でデジタルサイネージを見送っていた、多くの方にまさに朗報といえるものです。いまやSIMフリー/SIMロックフリーは世界の常識です。スマホの世界からデジタルサイネージの世界に応用された製品が発売されませす。

5Gワールドアワード2018」で最優秀を受賞したサイネージ【楽々IOTサイネージ】を日本で販売。本商品は韓国のison社が開発して、韓国ではKT(韓国テレコム)が独占販売しております。日本ではアイティ・ニュースが総代理店として販売を開始致します。

スマホだけでコンテンツ作成、配信ができるデジタルサイネージ販売開始。

デジタルサイネージはコンセプトから実践の時代へ


 山手線や大型ビジョンではできない、先進機能を具備したデジタルサイネージとはどういうものか。コミュニケーション(スマホなど)が大きく進歩していく中での、デジタルサイネージの役割が必然的に浮かんできます。いわゆる双方向性です。デジタルサイネージとスマホの連携により利便性を高めたシステムが開発されつつあります。ソーシャルメディアと言われるようにスマホやPCから個人が社会に向けて情報を発信するようになってきています。個人の情報発信が大きなうねりとなるといった従来にはないメディアともいえるシステムが生まれています。
近所においしい店がありますよといった口コミ情報の発信のようなローカルなものから、国や、世界への発信までがスマホから簡単にできる時代になってきました。インターネットによって世界は大きく変わってきています。
また一方で、高機能・高性能なデジタルサイネージとは違った安価で単機能といったデジタルサイネージの要望というのも最近の傾向です。ポスターの手軽さでデジタルサイネージを貼りだすといったことが当たり前になってきつつあります。

ビジネスモデルの構築 広告か販促かブランディングか情報配信か

 いうまでもなく、どんなビジネスも成功の鍵はビジネスの明確な目的と目標。バブル期の広告モデル一本槍は今は通じません。広告代理店に100%頼った広告ビジネスモデルオンリーでは事業としてこころもとありません。広告はある程度の見込み・見通しが必要です。
 販促・プロモーション、ブランディングあるいは情報配信といった、デジタルサイネージ=純広告といった言葉にとらわれない発想が必要になります。規模が大きくなればなるほど長期的な視野に立ったビジネスモデルの構築が必要になります。ビジネスである以上マネタイズ(採算性、収益性確保)も当然必要です。

もうすぐやってくる新インターネットバーン(大爆発)時代

  ■IOT(Internet of Things)の時代がやってくる


 2014年春のラスベガスCESは「IOT(Internet of Things)」で盛り上がった。
アナログの機器・機材がすべてデジタル化されてインターネットに繋がるという発表が多くの来場者を驚かせた。米国だけでも4年間で4億台のデジタル機器が売り出されるというレポートが出たからだ。
振り返ると過去30年間はアナログ機器の高機能可化(インテリジェント化)の時代だった、そして、これからの30年はネットワーク化(近未来の便利な世界が実現する)ということで映画などでは未来広告やら遠隔監視など(様々なサービス)があたかもすぐに始まると宣伝されいました。が、具体的なものは何一つ出てきませんでした。
ところが、今年ははいくつものプロトタイプが堰を切ったように発表されました。先に発表されていたgooglグラスをはじめ様々な分野です。電子機器(デジタル機器)がインターネットに繋がり具体的なアプリケーション(サービス)として発表されたのです。代表的な分野は家電「TVはもちろんあらゆる家電製品です。話題の冷蔵庫も」、車、ウェアラブル「健康器具、健康測定器」などです。
インターネットに繋がることで様々なサービス(付加価値)が提供されます。特筆すべきは、googleが提供するアンドロイドOSで驚くほど安価で提供されることです。つまり、googlのビジネスモデルが世界に良くも悪くも浸透しはじめていることです。 このことは、あらゆるデジタル機器が無料あるいは安価に世界中に広まることを意味します。同時に広告メディアのパラダイムシフトが始まることを意味します。広告がマスメディアからWEBにそしてスマホにさらにあらゆるデジタル機器に広がる可能性を意味します。アドテクノロジーの世界が凄まじいスピードで進んでいきます。

クラウドストレージ連携で情報共有活用デジタルサイネージ

既存のクラウドアプリケーションとの共存という発想のシステム開発

クラウドストレージ、オンラインストレージとの連携で情報共有がスムーズにできます。


ビックデータをデジタルサイネージで活用(日本初)

既存のアプリケーションとの共存という発想のシステム開発

    デジタルサイネージを既存のアプリケーションと共存させるリーズナブルな方法はないのかというお問い合わせに、アイティ・ニュースで公開しているコラボレーションコンセプトという手法があります。殆どのアプリケーションに手直しなしでアドオンできます。短期間でローコストでリッチな情報配信システムをマルチメディア化できます。情報システムを一から作り上げるのは、期間もコストもリスクもあります。デジタルサイネージのソフトウェアをアドオンとして利用することで、投資を抑えて見える化を効率よく実現出来る方法です。表示用ソフトウェアはプログラムがコンパクトに作られているため、ハ-ドウェア(メモリー、ハ-ドディスク)の追加はいりません。
 遠隔監視(死活監視)、コンテンツ以外のファイル転送などの機能があるためにシステムそのものの強化にも貢献します。コンテンツの配信とシステム強化が一度でできるためまさに一石二鳥です。しかもコスト的にも圧倒的に低価格です
。情報システム構築はスクラッチビルドが一般的ですが、進化(流行)の早すぎる目先の技術に惑わされず、既存の資源を最大限に活かすリソースマネージメント(既存設備、情報投資したあらゆる資源の有効活用)の考え方を経営のみならず情報システム構築にも応用するというものです。


レシポンシブWEB時代のデジタルサイネージ

  ■メディアの組み合わせで最大効果を狙う

 ワンソースマルチユースという発想からスマホ・携帯、パッド、PC用のアプリケーションを効率よく開発するために、ワンソースマルチデバイスそしてレシポンシブWEBと言われるようになりました。3つのデバイス用にそれぞれ開発していたので当然、期間もコストも3倍になります。しかも、ユーザーニーズの変化は早く、改良・改造、コンテツ更新と継続的にしかも効率よく運営していかなければなりません。デジタルサイネージ、スマホ、パッドなどと当然従来のメディア(TV、他)との組み合わせで、効率のいいメディア投資もRIO(投資効果)を狙います。

  ■デジタルサイネージのシステム開発も時代に合わせて

 そういうなかでWEBの特性をいかした、WEB TOという開発や考え方が広がっています。さらにそのなかでも拡大の進化が激しいスマホを第一優先にするという考えで開発をする、スマホファーストといわれるようになっています。デジタルサイネージではWEB表示ができるものとできないものがあります。これからは、マーケティング的に各デバイスとの連携が増えていきますので、WEB表示ができることが必須となると言えます。

デジタルサイネージでWEB表示ができれば、当然WEBコンテンツの流用ができますので、コスト的にも開発期間も圧縮されます

イベントのオープニングまでの準備時間が無い、さあ困った

■コンテンツ、スケジューリング設定済のSTBをお貸しします。<新サービス>

 緻密に綿密に立てた計画でも、思わぬ想定外のことが起きることもあります。
デジタルサイネージを活用した、演出を企画していたが、もう1週間というところで、準備が間に合わない!などといったこともあります。そういう絶対絶命のピンチに役立つサービスがあります。
その名もずばりSOSです。モールス信号ではありません。SpeedyOpeningServiceです。長年デジタルサイネージのシステム導入のお手伝いをしてきた、アイティ・ニュースでは、短期間に準備するノウハウと技術の蓄積がありますので、そんな大ピンチにきっとお役に立ちます。困ったときはぜひ思い出してください。

セレモニー(イベント)のオープニングまでの準備時間が無い、さあ困った!

 

デジタルサイネージの配信ソフトウェアの無料セミナーなどでできちんと確かめてからご導入をご検討下さい。

   無料デジタルサイネージセミナー

■アイティ・ニュースではIP_STUDIO無料セミナーを月1回のペースで実施。詳しくはお問い合わせください。

汎用情報配信システムとしてのデジタルサイネージ

pdfを活用した情報配信システムが簡単に構築できます。いままでできなかった複数ページのなかから任意のページを選択配信できます。


屋外DigitalSignageもやっと製品がこなれてきた

 屋外デジタルサイネージの導入は慎重に


フードコートの呼出、おしゃれにできませんか?にお応えします。

  フードコートも番号で呼び出し

■既設のデジタルサイネージに追加(アドオン)設置できます。

 番号表示の位置(レイアウト設定)を可能にしているため、既設のデジタルサイネージソフトウェアとの同時表示を可能にしてます。番号表示がされなかったというクレームにも対応できるよう。操作ログ(操作記録)機能を実装しています。カスタムにも対応しています。

企業、店舗のブランディングにデジタルサイネージを活用

■スタイリッシュなデジタルサイネージとコンテンツで企業イメージをアップ

市場にはあまりでていない細長のデジタルサイネージで店舗のイメージを格段にアップできます。

店舗もブランディング時代、デジタルサイネージで差別化

 

多様化するデジタルサイネージ市場へ向けてカスタム対応開始

■デジタルサイネージ配信ソフトウェアのカスタマイズ致します。

緊急割り込み表示ができるデジタルサイネージ

○アイティ・ニュースのアグリッシブな乗り換えキャンペーンスタート

デジタルサイネージソフトウェアの乗り換えキャンペーンスタート

デジタルサイネージをもっとインテリジェントに

■I/Oを可能にするアイティ・ニュースのソリューションサービス

ipadから複数デジタルサイネージへミラーリング

■デジタルサイネージソフトウェアOEM提供開始

デジタルサイネージソフトウェアのOEM提供承ります

■現場の計測器のデータをリアルタイムにデジタルサイネージに表示

測定器の情報を表示 騒音計、振動計など

■天気予報もカスタマイズ対応できます。他社ではできない3時間毎スポット等

3時間毎のスポット天気予報、デジタルサイネージ用にカスタマイズ致します。

【コンテンツご利用ユーザー様向け配信ソフトウェア無償提供キャンペーン実施中。詳しくはお問い合わせください。】

コンサルティングのご提案は納得いただけるまで提出

コンテンツ利用ユーザー向け配信ソフトウェア無料サービスもあります。

 デジタルサイネージのビジネスモデルはハ-ドウェア/ソフトウェアの構築は勿論のことビジネスモデルの構築までも必要です。アイティ・ニュースでは何度でもコンサルティングのためのご提案を致します。(ラウンド:提案書の提出回数制限がありません。)弊社の領域を超えるような場合は、コンサルティング能力の高いパートナーとご一緒にご提案致します。