スマホ連携のデジタルサイネージ、デジタルサイネージがその瞬間あなたのキャンバスになる。QRコードの活用で新世代デジタルサイネージが簡単に

デジタルサイネージがスマホでその瞬間あなたのキャンバスになる

オンデマンドのあたらしいかたち、ディスプレープロモーション。いつでも選択可能。

リアルタイム性の要求されるコンテンツ配信、しかも自在に変える(差し替え、更新する)ことは従来ではお客様毎に専用のシステム構築でで実現してきました。
アイティ・ニュースではもっと誰でもどこでも簡単にをテーマに。デジタルサイネージとスマホの連携に取り組んできました。

スケジュールは動かせないもの、コンテンツを変えるには編集者やセンター経由でなければならないという、従来の固定概念を覆した考えに基づく新しいサービスです。

しかもQRコードを使ったシンプル&簡単に!オンデマンド型は選スマホのメニュー(一番簡単な0~9番までの番号を選ぶだけ!で、表示内容を変えるという簡単なシステムです。

スマホからの情報伝達は緊急災害情報への応用などパブリックな場所でも期待されています。情報をすばやく多くの人に伝える新しい伝達手段(オンタイムでリアルタイムにスマホから入力した情報表示も可能:一部カスタム。)

として、平時では啓蒙情報、有事では緊急情報といった公共性の高い安全・安心のための利用方法も可能です。

いつでも、どこでもコンテンツ変更ができる。デジタルサイネージの機能を大幅アップ

▶スマホを

リモコンのように使います。ボタンを押すだけの簡単操作です。

※クラウドストレージを利用したデジタルサイネージ「IP_STUDIO Ⅳ」はコンテンツの更新・変更がドラッグアンドドロップでできます。


また、デジタルサイネージとスマホへ同時にコンテンを配信する「ハイブリッド」の仕組みも開発。

リアルタイムQR生成機能も搭載でワン・ストップでシステム構築ができます。

●デジタルサイネージとスマホの連携による仕組みは今後、多岐にわたって活用されていくことが予想されます。

スマホがの利用や応用は格段に広まってきています。デジタルサイネージ(デジタル掲示板)との双方向を実現したことによって、目の前のデジタルサイネージを手元のスマホから指示してほしい情報を得るといったことや運営者側からのオンタイム情報伝達(情報の生成された時点で伝達)などデジタルサイネージの新しい利用方法が可能になります。

ユーザー参加型のいままでにないソリューションとしても期待されています。


●デジタルサイネージ(電子ポスター、デジタル掲示板)とは一般家庭内以外に設置された屋内、屋外の表示ディスプレー(液晶、LEDなど)にインターネットなどのネットワークで配信された情報や広告の表示システムのことです。

よく目に止まるのは交通広告のように生活動線上にあるものですが、人の行動や生活といったいろいろな視点から人が集まるところ、滞留するところへ発信するという形態のいわゆる看板やポスターがデジタル化されインテリジェント化(配信型)になったのが特徴です。


広告メディアという利用ではなく本来の情報伝達メディアとしての利用も注目されています。(ソーシアルサイネージ)

双方向の機能を追加することによって、従来タッチパネルでしか出来なかった、情報収集(自分に必要な情報の選択)と同時に情報を表示するという機能が実現しました。

ディスプレーと携帯連携の新サービスが生まれる。デジタルサイネージがプロモーションツ-ルになる

○情報配信者にとっても、情報利用者にとっても便利なサービスです。

●スマホさえあれば、いつでもどこからでも更新が可能です。これからは大きなディスプレーを表示画面として利用できます。状況に応じて画面を切り替えるには特定の権限をもった人(管理者など)とするか、誰でも参加できるようなサービスにするかは、システム構築次第です。

応用次第でデジタルサイネージの可能性を大きく広げます。目の前の画像を変える、あるいは遠隔から画像を送るなどが出来ます。

情報配信者にとっても、情報を得る側にとっても利便性が格段に増します。
オンデマンド機能とオンタイム機能を実現できます。パブリックな応用では、緊急災害時の連絡,伝達への利用、現場の状況報告などがあります。大勢の人が集まるところでの、プロモーションやプレゼンテーション的な使いかたもあります。特定の許可された人からのみの入力とするか、不特定多数の参加型にするかは、目的に応じてシステムを構築できます。

 

 

▶デジタルサイネージとスマホがつながる 便利なデジタルサイネージ「スマホ連携サイネージ」 

デジタルサイネージ(デジタル掲示板)の可能性を大きく広げる、ディスプレー(表示装置)とスマホ
の連携による新しいソリューションが始まりました。

コンテンツの内容を変えたいときに変える、オンタイム更新(必要なときいつでも変更。)が可能となりますスマホがTVのリモコンのようになります。

いままで実現できなかったインタラクティブ性、ダイナミック性というデジタルならではの優れた使い方が便利に、容意になり、デジタルサイネージの可能性をまた一歩すすめました


スマホをリモコンのようにつかうデジタルサイネージの進化形 双方向アプリケーションを実現

▶デジタルサイネージがインタラクティブ(会話型)メディアに進化、双方向機能へ一歩すすめました

○インターネットに繋がっている情報表示機器をもっとインテリジェントに!

      ソリューションパートナー アイティ・ニュース

■■■ 詳しくはお問い合わせください。 メール :news@itnews.co.jp
全てのインターネット接続機器が携帯連携を可能に 情報表示機器が高機能化
スマホで情報配信-デジタルサイネージスマホ連携サービス始まる.オールインワンパッケージ「スマホ連携サイネージ」すぐ始められます。