自由度の高い デザイナー
多様なファイル対応
 静止画、動画、縦横テロップ、PDF

高度なスケジュ ール機能
容易な配信設定
充実の監視機能
解像度 4K対応
4200x 3000(縦横可)
  ■マルチモニター対応

クリエイティブなeffect対応

 

  IP_STUDIO(アイピー・スタジオ)はコンテンツ(画像、映像など)を各所に設置されたターミナル(表示端末)へ効率良く配信・表示をするための機能が統合されています。


画面設計(レイアウトデザイン)、スケジューリング、配信(通常、緊急)、遠隔監視などの情報配信システムの全ての機能をワンパッケージに統合。

従来は高度で広範囲な専門知識が要求される映像配信システムの構築がこの統合パッケージの導入によって専門知識がなくても容易に短期間に実現できます。

新世代クラウド対応ソフトウェア新登場。働き方改革、ワークバランスを支援する、情報共有方デジタルサイネージソフトウェアです。

デジタルサイネージの配信に必要な基本機能 画面設計の紹介
プロフェッショナルニーズに応えピクセル単位で簡単にレイアウト

 IP_STUDIOのデザイナーと呼ぶ機能は表示コンテンツのレイアウト、例えて言えば舞台(ステージ)に役者(コンテンツ)がどの位置に立つかを決めることとタイムライン、例えていえば台本、台本は役者がどのタイミングで出てくるかを決めることです。

 IP_STUDIOでは舞台をスクリーンキャンバスと呼んでいますがそのスクリーンキャンバスにコンテンツ(オブジェクト)をドラッグアンドドロップで配置していきます。
  位置合わせはマウス・キーボードで簡単にできます。正確な位置指定は数値入力で設定できます。IP_STUDIOはレイアウトの制限はまったくありません。自在なレイアウトが可能です。一度レイアウトしてしまえば、そのレイアウトのコンテンツを変えるだけで何度でも使えます。

レイアウトと同時にコンテンツの表示時間とタイミングを設定します。自動生成されるタイムラインで開始と終了を指定します。

IP_STUDIO 画面設計ピクセル単位でデザイン(数値入力)

静止画、動画、WEB、テロップの組み合わせが自在にできます。

タイムラインを利用してコンテンツのシーケンス(順番)を設定していく方法と、ビューエディタを利用してダイレクトに順番と時間を入力して設定して行く方法があります。使いやす方法でお使いください

この2つのどちらかあるいは併用して配信の最小単位のロールを作成します。タイムラインは全体のボリュウムを見渡せやすく、ビューエディターはコンテンツの順番をドラッグアンドドロップで入れ替えれるので便利です。

コンテンツの数が多くなったときはビューエディター(YouTube 動画ご参考)が重宝します。

このの画面だけで、コンテンツの順番の入れ替え、追加、コンテンツの表示時間の設定が簡単にできます。(複数コンテンツが同時にできるので、効率よく簡単に編集ができます)

 

多様なコンテンツも組み合わせ自在

 コンテンツの組み合わせに制限はありません。MPEGとJPEG、FLASHなどの混在ができます。また、MPEGの上にJPEG、JPGの上にWEBなどピクチャーインピクチャー、スーパーインポーズが可能です。

オリジナルコンテンツを引き立たせ、年々解像度を上げる表示装置の美しさも考慮しながらオーディエンス(視聴者)を想像しレイアウトしていくのは担当者の着想と腕の見せ所です。
テロップ(流れる文字)と組み合わせてL字型放送などTV放送局のように表示することも簡単にできます。

タイムラインを利用して、編集する方法と、ビューエディターを利用して変編集する方法を用意しています。使いやすい方法でご利用くださ。

例;透明PNGを利用した例1 例2 例3

ドラッグアンドドロップでコンテンツを簡単に配置
ホームページの任意の箇所を表示する先進のWEBトリミング

ホームページの任意の箇所が表示できます。ホームページ用にデザインされた画像をそのまま、表示することができます。
1pageのなかから選ぶことも、違うページから選んでレイアウトをするこもできるので、HTMLの知識がなくてもホームページのコンテンツが有効利用できます。
ホームページ用に作成された画面を組み合わせて新しい構成・表現で配信することが少ない工数と時間で可能になります。トリミング、拡大、複数WEBページの組み合わせ。重ね合わせが自在にできます。

BASIC認証対応で監視カメラや有料ホームページの表示、配信も可能です。表示倍率の指定ができます。同時に表示できるWEB数は最大10個、WEBを組み合わせて独自のWEBをつくる感覚でレイアウトが可能です。

多彩な編集機能で、お客様の使いやすい、やりやすい方法で自在に編集できます。
スケジューラーでデザインしたロールを組み合わせて、日別のスケジューリングをします。(IPB)、その作った日単位のスケジュールを各端末にアサインします。(IPC) 

1台毎でも全数同時にでも配信スケジュールが可能です。日別、曜日別にも指定ができます。1日のスケジュールを指定するコンテンツスケジューラーで作成した、スケジュールを実際のターミナル(表示装置)に割り付けます。優先順位は指定日、週の順です。したがって複雑なスケジュール編成作業も簡単にできます。

 

一日の時間割(スケジュール)を設定します。予め作っているロールをドラッグアンドドロップします。
コンテンツ表示の回数と時間をシミュレーション機能で番組編成が容易に
 

コンテンツの総表示回数、総表示時間がスケジュール時に自動計算されて表示されます。番組編成時の煩雑な計算と作業が軽減します。(コンテンツ集計機能)

クリップボードボタンで簡単にエクセルやワードへ集計内容がコピーできます。広告配信ビジネスでは必須です。

スケジュールが簡単に作れます、シミュレーション機能も搭載
時間帯別のボリューム設定ができます
 Mpeg2などの入稿コンテンツを制作者へ戻すことなく調整できます。
(個別ファイル単位で設定可)、スケジュール上でも音量が調整できます。(1日のスケジュールの中で時間帯別に設定可)。

  表示端末毎のボリューム設定も可能です。(遠隔操作によりマスターボリュームの設定可)したがって、担当者は現場に足を運ぶことなく容易に音量の調整ができます。

クレームやイベントといった急な要求にも対応できます。
きめ細やかなボリューム設定で緊急時にも対応
万が一の緊急割り込み表示機能を搭載
 緊急割込表示機能により緊急に配信したいコンテンツの表示が可能です。スケジュールには関係なく強制的にコンテンツを配信します。
 配信可能なコンテンツはテキストだけではなく、静止画、動画も可能です。また、自動更新機能はフォルダーにコンテンツをいれておけば、指定した時間毎にサーバーに自動的に配信、表示される機能です(オプション)
表示用STBあるいはパソコンや表示機器の遠隔監視ができます。

 複数台設置されたターミナル(表示端末)を運用するのは骨の折れる作業でした。IP_STUDIOは各ターミナルの監視機能に加え障害管理ログ生成機能、コンテンツ放送ログ生成機能を搭載しているので、広告ビジネスにも対応できます。

 プログラムの更新機能により、バージョンアップなどの作業が現地に行かなくても済むため労力が大幅に軽減されます。ソフトウェアリセットも可能です。


監視は端末装置と表示装置の両方を実現しています。液晶パネルの場合は電源on/offの制御、温度、ファン作動、接続端子などを監視できます。(オプション)

日本中に設置されても遠隔監視機能で安心運用
WEB表示機能を利用して双方向システムがつくれます。

 IP_STUDIOのWEB表示機能を利用して、マウスアプリケーションと同様な開発で簡単にアプリケーションが開発できます。既成のタッチパネル装置と一般的なホームページ作成方法でアプリケーションが簡単に短期間に開発できます。

キヨスク端末と同様のアプリケーションが開発できます。

蓄積型映像配信とWEBを利用したタッチパネルでホームページ作成の手軽さと更新の容易さをそのままデジタルサイネージで活用できます。

便利すぎるデータ同期サービス『オンラインディスクドライブ』 

進化するデジタルサイネージソフトウェア IP_STUDIOの概要とその機能

    情報配信とデジタルサイネージの最先端ソフトウェア。新世代クラウド対応でで情報共有による働き方改革を支援する先進のデジタルサイネージソフトウェア

クラウドストレージシステムと簡単に連携。コミュニケーションレベルを格段にアップさせ、働き方改革。ワークバランス、ワークフローを支援します。

  オフィスサイネージ構築には、IP_STUDIO Cluodが圧倒的に簡単便利です。
デジタルサイネージソフトウェアのパイオニア アイティ・ニュース
デジタルサイネージ用コンテンツ
ソフトウェアカスタマイズ対応致します。
コンテンツの重ね合わせが自在にできます。ピクチャーインピクチャーが簡単にできます。


『オンラインディスクドライブ(クラウドストレージ)』は、簡単にファイルの共有と同期が可能なオンラインストレージを提供するクラウドサービスです。

このサービスを利用することで、Windows、Mac OS、Linuxの間で簡単にファイルを共有することができ、共有しているファイルが更新されれば、直ちに他のOS上でも自動的に同期が行われます。

特徴的なのは、OSのファイル管理システムと統合されているため、ファイルの共有や同期が、オンラインストレージを意識することなくシームレスに行なえる点にあります。

クライアントに専用ソフトウェアをインストールすることで、クライアント上にオンラインディスクドライブ専用のフォルダが作成されます。ここにファイルをコピーすると、自動的にオンラインストレージにアップロードされ、他のコンピュータと共有されます。

Windowsであればエクスプローラから、Mac OSであればFinderから、他のファイルと同じように共有ファイルを利用できます。

このような便利仕組みを活用したデジタルサイネージ配信システムが「IP_STUDIO W(IP_STUDIO Cloud)」です。

また、それぞれのオンラインクラウドサービスはWebブラウザ上でファイルのアップロードや閲覧の操作が行なえるため、オンラインディスクドライブをインストールしていない環境でも利用することが可能です。

    

      企業の共有ツールである、ワード、エクセル、パワーポイントをPDFで有効活用できます。

 

        

新機能WEBトリミング機能 WEBの任意の場所を表示1台ごとでもグループ毎でもきめ細やかなスケジュールで安心確実配信1台から数百台でも容易なスケジューリングできます。デジタルサイネージ配信に必要な全ての機能がオールインワン