「ディスプレー(デジタルサイネージ)」と携帯電話が情報の入り口となり、いろんな商品やサービスの紹介は勿論のこと、その場所でなければ得ることのできない 「 お得情報 」 「 耳寄り情報 」 といった、お店や地域密着型の情報サービスとの連携などまさに「生活動線」メディアとなります。
 広く浅く多くの人に認知してもらいたい 【 リーチ型 】 から、何度もじっくり見てファンになってもらいたい 【 フレクエンシー型 】まで、情報の提供スタイルをPRの目的にあわせて構成(編成)できます。
 ホームページでの検索型とはちがってダイレクトに訴求できます。コンテンツも効果をみながら静止画か動画を選定して訴求していけます。
  電子看板をより知的(インテリジェント)にしたコミュニケーション空間が作れます。空間デザイン(
売り場としての商空間)とコミュニケーションデザイン(情報媒体)を融合させた新ソリューションです
 携帯電話やPCといったバーチャル系(場所という
制約がない、また当然時間の制約もない)メディアと目の前の商品といったリアルメディア(実際の物と同時に生の生活をしていかなければならない購買主体に働きかけるメディア)を結び付ける新生代のコミュニケーションツールです。

■デジタルサイネージの表示画面選択ASPサービス(スマホ・携帯連携

サービス名称:サインジャック・セレクト 

デジタルサイネージと携帯電話で新サービス
デジタルサイネージのアイティ・ニュース
シャッターが閉まっても24時間商品をPR デジタルサイネージでプロモーション
空間デザイン・施工・配信・監視運用のトータルソリューション デザイン例1

デジタルサイネージの空間デザイン デザイン例1 コーナー利用 

デジタルサイネージの空間デザイン デザイン例2 柱利用 

店舗、オフィスをはじめとする様々な商業空間、展示館、イベント、ショールームなど環境とご予算に合わせた、ソリューションを提供致します。既成の建造物との調和や視認性、安全性などを考慮した空間演出を提案をさせて頂きます。
空間デザインといったハ-ドウェア面さらに、そこにいきかう人と環境によって表現・表示するコンテンツを企画提案します。魅力的な空間づくりと人を魅了するコンテンツを10年間のデジタルサイネージの独自の経験からご支援します。
空間デザイン・施工・配信・監視運用のトータルソリューション デザイン例3 例4

デジタルサイネージの空間デザイン デザイン例3,例4 柱利用

既存の建造物を活かして空間演出と情報メディアとしても機能するデザインとシステムを構築致します。単体のデジタルサイネージ用スタンドから、空間演出までご提案致します。

デジタルサイネージを利用できる空間デザイン デザイン例5 ディスプレー応用 

空間デザイン(ディスプレー応用例)デジタルサイネージのショウウインドウ応用

イベントでの空間デザイン デザイン例6 いろんなディスプレーで応用可能 

デジタルサイネージのイベント・展示会への応用

空間デザイン デザイン例7 情報表示パネルなど応用可能 

デジタルサイネージの情報表示ディスプレーとしての応用
店頭や店舗あるいはパブリックな通路・地下道などでの応用が期待されています。液晶などのデジタル表示装置を利用した空間演出と情報発信メディアとしても機能するデザインとして提案致します。低価格化が進んでいるLED液晶を利用した空間演出までご提案致します。
展示会、イベント、モールなどでの応用が期待されています。ディスプレーを利用する空間演出と情報発信メディアとしての利用を提案致します。液晶等のディスプレーを利用することでよりエンタティナー性の高い演出までご提案致します。
商業施設は勿論のこと公共性の高い、博物館、美術館などでの応用も進んでいきます。緻密な絵画や高解像度の写真やさらにハイビジョン動画を表示するなど空間演出と情報発信メディアとしての利用を提案致します。
高精細・高画質のマルチ画面のシステム構築
屋外用高輝度(2500カンデラ)、耐環境性クリアモデル新発売

シャッターが閉まっていては、商品やお店のPRができません。例えば、「ディスプレー」を夜間に利用して眠らない情報発信メディアにできます!アイティ・ニュースでは店頭「ディスプレー」によるソリューションを提供しています。
 商空間を24時間情報発信基地に変えます。まわりに多くの人がいるときにはゆっくりと映像を見れなくても、人が少ない中ではじっとみるといった余裕もできます。24時間のなかでの、人の行動と心理変化をとらえた都市型の24時間プロモーションメディアも新たなマーケティングのひとつとして提案中です。アイティ・ニュースでは販売促進モデルと広告モデルあるいはブランディングとしてディスプレーソリューションを提案しています。
 ディスプレーそのものを進化させたデジタルサイネージもあります。回転することで存在感と着目率を高めるといった狙いがあります。(従来の形状、スタイルにとらわれず商空間を驚きのステージにしてしまいます。空間デザインと魅力的なコンテンツ配信によるコミュニケーションデザインをします。話題の4Kも楽々実現
 ディスプレー(ショーウィンドウ)やシュールームが眠っていませんか。せっかくの商空間が死んでいませんか。お気軽にご相談ください。人が来る店内。店の前を通るところ、お昼でも夜間でも空間の付加価値をつけるため眠っているディスプレーを最大限に活用するご提案をさせていただきます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

デジタルサイネージでウインドウが変わる デジタルサイネージ新時代をごいっしょに

24時間、商空間が活かせる。シャッターが閉まった後でもコミュニケーション空間!業界初のワゴン型スタンド新登場!

屋外のデジタル広告メディアとしての積極的な利用が活発な米国では電子看板をデジタルサイネージと呼んでいます。台数や表示メディアの数と種類では圧倒しています。日本では投資効果という面で二の足を踏んでいる経営者が多く、設備投資はこれからと言われています。携帯電話とカラーコードを利用することによってより効果的な使い方の取り組みが始まっています。
ディスプレーを映像配信ソフトウェアを利用して、スケジュールによって表示する内容を変える、さらに双方向性を具備するなどして、よりインテリジェントな「ディスプレー」を実現できます。ホームページによる訴求や購買と同様にコミュニケーションツールやマーケティングツールといわれるようになってきました。
一方向の情報提供から、最終目的である購買へ誘導することは勿論、広く商品の認知度を高めるためのプロモーション的利用の基礎データ収集としてアクセス記録やアンケートといったデータを得ることができるツールへと進化しています。アイティ・ニュースでは様々なディスプレーを双方向メディアに蘇させるディスプレーソリューションを提供しています。ディスプレーはコミュニケーションメディアに変身して、商空間の高付加価値を実現します。

ディスプレーをインテリジェントにして儲かる仕組みを創ろう!商空間をより高付加価値空間に。

表示するだけのディスプレーからインテリジェントなディスプレーへ
「ディスプレー」という概念は、元々存在感をアピールするためのもの。どちらかというと情報を正確に伝えるというより魅了するためのものでした。
  デジタルサイネージを利用したプロモーションは、いくら優れた商品、サービスであっても情報が溢れているなかでは積極的にアピールしていかないと埋もれてしまうという現実を解決するものです。
 「飾るディスプレー」から「情報を発信するディスプレー」へIT技術を利用して「リアルな商品とホットで新鮮な情報」を「そこで(情報の生成場所でもあるストアであり、売る人の付加情報なども一緒に)」伝えます。
  デジタルサイネージの大きな課題はリアルではないことでした。アイティ・ニュースが提案するストアデジタルサイネージは店舗とう好条件を活かして、よりリアルに商品を伝えること、そして見てもらうことです。
 情報を表示する、あるいはなんとなく設置した「ディスプレー」を情報を [ 見せるだけ ] から [ 実際のアクション ] をしてもらう [ トリガー(きっかけ) ] にしてもらい、購買を促す強力なプロモーションメディアとして蘇えさせるディスプレーソリューションを提案します。
 アイティ・ニュースではワゴンタイプのデジタルサイネージ(表示装置)と携帯電話の組み合わせ等でいままでの単なるディスプレーという概念を一新するソリューションを提供します。 街やお店そのものが情報発信メディアとなりつつある今、商空間の高度利用と高付加価値化を実現していきます。
ASP |コンテンツスタンドケース |携帯連携 |アップローダークロスメディアマーケティング | コラボレーションDevelopment緊急地震速報IP_Web

お問い合わせください。TEL 047-381-5035   (財団法人)店舗システム協会による検証プロジェクト(PDF)

お問合せ先
プロモーションディスプレー資料請求

レーザー方式のプロジェクターが今までのスクリーン
(表示スタイル)の常識を変えます


ランプの短い寿命によって、広告などの商用配信には向かないとわれてきた、プロジェクターが大きく進化しました。1mの投射距離で95インチクラスの大画面を自在に実現します。

環境に大きく左右されていた設置条件を一気に解決します。
・御提案賜わります。あらゆる壁がスクリーンに変わります。デジタルサイネージの可能性を大きく広げます。結婚式場向けシステム提供中

レーザープロジェクターがデジタルサイネージを変える

デジタルサイネージパートナー募集中

デジタルサイネージのディスプレーが商空間を変える。ショールームからモールまで応用できます。

※「インテリジェントポスター:IntelligentPoster」「インフォステージ:InfoStage」「ビジュアルステージ:VisualStage
 「サウンドステージ:SoundStage」「デジタルルネッサンス:Digital@Renaissance」 はアイティ・ニュース社の登録商標です。

ショーウインドウや店頭「ディスプレー」の圧倒的な優位点はイメージアップとともにすぐにアリションに繋がることです。競合商品やサービスが強力なブランド力でPRしていても、今、目の前にある確かな情報ですぐにアクションをしてもらえることが強みです。
 魅力的なビジュアルで鮮明に訴える、お得情報を目の前にビジュアルで伝えるそれも音声付でなどアプローチは多彩に組み立てられます。
 その場で行動が開始されることから瞬間マーケティング(ブランドチェンジや購入の最終意志決定の背中を押す)ともいわれています

 目の前の画像で潜在的な意識が明確になるという効果は意外と大きく購買行動に
影響を与えます。
 また、これからは殆どの人が利用できる携帯と連動したインテリジェントなディスプレーとしてこれからのダイレクトマーケティングにはかかせないメディアのひとつとなっていきます。
  商品やサービスと最も近いという点で「リセンシー」メディア(直近で行動を変えてしまうメディア)として活用できます。お店の前も勿論のこと商空間をデザインと機能という両面で変えます

 曜日で表示内容を変える、天候で変えるなど状況に応じてお客様の反応を考慮して臨機応変にコンテンツを変更できるのもデジタルサイネージのメリットです。

24時間チャンスを逃がしません。シャッターが閉まった後でもメッセージを送ります。

チャンスが眠っている、お店は瞬間マーケティング空間!商空間をよりビジュアルに

携帯電話を活用して、双方向サービスができます。

携帯電話との連携でお客様への情報提供のスタイルが変わります。
お店の顔のデジタルサイネージ

※最近話題の「クラウド・コンピューティング」はインターネットの「向こう側(雲:クラウド)」にサーバ・システム一式を配置し、これをサービスとして利用するコンピューティングの形態です。これにより、従来の情報配信システムでは不可欠だったサーバ・システムの構築が不要になります。当然メンテナンスも軽減されます。素早く安価に情報配信システムが構築できる手法です。一般的に台数が増えるとデータベースを利用したシステムコストはたとえSaaS型やクラウド型でも高額につきます。IP_Webは弊社の15年以上のノウハウ(独自開発のソフトウェアとシステム全体のご提案をしてきました。JRを始め多数実績有り)をもとに独自に開発した配信・表示・監視システムで圧倒的なコストパフォーマンスを実現しております。

※100台以上の中・大規模以上のネットワークでは回線設備・運用費用が高額になります。ぜひ当社にご相談下さい。設置工事、ネットワーク機器、回線費用、プロバーダーなどワンストップソリューションでご相談・ご提案承ります。